多摩川・逗子お手軽アウトドアライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS ボートショー2010速報 3/5

<<   作成日時 : 2010/03/06 23:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年も金曜午後休暇でボートショーへ行ってきました!
以前はカヌーショー単独の時代に時々見に行ってたんですが、ボートショーは去年から師匠の金井さんの作品を見るのも兼ねて行ってます。

画像


まずは金井さんの作品「ポケットシップ」を拝見。
昨年春、私がカヤック製作開始と同じ時期からすぐ隣で作りはじめ、最近ようやく完成したようです。
船体はディンギー並の全長4m以下のサイズに収まってますが、キャビンがあってミニクルーザーのような風格です。
それでも操作は1人できるというシンプルさ。ちょっと近海を旅したくなるようなフネですね。
画像


セールは白っぽく見えますが黄色です。クラシックなイメージで選んだそうです。
展示の横では昨年出品されたフネのビデオが流れていました。そして今後の予定(野望?)もパネルで紹介されてましたよ。
画像


この後ろでウエラブルカヌーの展示が。“WEABO” WEARING BOAT SWIM ASSIST。
ある意味チャレンジングで衝撃的だったので、写真を撮り忘れました!
「SWING ROLL FLIPPER」の製作者です。そして金井さんのお知り合いで我が家の近所のお店のマスターでもあります。

そしてポケットシップよりもちょっと長い「アクタス」の展示がありましたが、そのすぐ隣にも同サイズで魅力的なフネが。
コンパック社のレガシーです。長さ5m弱とコンパクトなのにとても高級感があって個人的には今回の展示で一番印象に残りました。
画像


こちらにビデオもあります。
こんなのいつか欲しいなあ・・・。200万円ちょっとということで保管料さえ気にしなければ車買うのを我慢して買うのもいいかも?なんて。
画像


自作コーナーで他に「ミラーディンギー」が数艇おいてありました。
最近の木製ボート工法の元祖とのこと。
画像


そし別のバージョンです。色の違いで雰囲気もかなり変わりますね。
画像


デッキはこんな感じです。
画像


製作途中の過程も。誰でも作れるがコンセプトのようです。
画像



その他にヨット関連としては、こちらのゴムボートカタマラン。
色次第ではかなりイメージが変わるでしょうに。
画像


最後に寛平さんの乗っていた「エオラス号」。デッキ見学ができるので皆さん並んでいました。
画像


長さより高さを感じますね。
画像



次はボート。
これは船体の両サイドがゴムボートでデッキがFRPタイプのようです。
ちょっと素材に違和感はあるけれど、白で統一されエレガントな感じで立派です。
画像


これはレーシングで有名な童夢が作った「オーシャンフライ」。
半分に分割可能で1.3m×1m×0.4mのサイズとなりコンパクトに持ち運べます。
カーボン製で19.4キロという軽さが売り。ほんと軽いです。たらいを持ち上げるような感じ。
値段は指1本分とその分お高いですが。
海でも黒なんですね。カーボンならしょうがないか?
画像


お次は「クリアカヤック」
アメリカの通販で以前から興味があるものの、使い勝手が?
海底が見えるのが面白いのでリゾートのようにきれいな海ならいいけど、水のきれいな季節、三浦半島でもいけるかな?
今回はアウトリガー、エンジンもついてでます。長さも338センチとぎりぎりサイズのようですね。
このアウトリガーは後ろのほうについていて、フロートも丸い感じ。しかも中心にパイプが通るだけなので、フロートが上下に動きます。果たしてどこまで機能するのでしょうか?
画像


カヌーブースは単に販売店が並んでいる感じでした。よく見るお店の方も。
画像


こちらは手を伸ばして本体を持ち、泳ぎながら引っ張ってもらうモーター「BLADEFISH」。
以前から爆弾のような形で同様のものはありましたが、これはとってもカラフルな扇風機って感じです。指が入りそう。
重さはそれなりにあります。水の中では感じないでしょうが。
スピードはタイプによって違いますが3キロから5キロ程度。潜ることや回転もできるようです。回転はしなくてもいいけど。
これも日本では沖縄向けですかね。
画像


これは「クルージンクーラー」。ネットの動画で見たことはあったんですが、実物がみれました。
クーラーボックスの中は、半分はクーラー、半分はバッテリーとモーターが入っています。
オプションで2サイクルエンジンやトレーラーもあります。かわいく場内を走っていました。
大人でも十分乗れるサイズです。
画像



海のフローティング会場へ移動。
画像


揺られる分、気分を味わえます。このブースは縁がないだけに恐る恐るの見学させてもらってます。
画像


この中では一番小さい船。でもこんなのがかわいいですね。色もいいです。
画像

画像


フローティング会場では中古艇だけでなくクラシックな車も販売してます。
画像


ということで、一回りするのに2時間。
買い物したりブースでお話したりしてると終了時間となりました。4時間ほどいたことになります。

ミニボートがちょっと元気があった感じがします。
釣り用がメインとなっていますが、ミニボートといってもこれからはスピードを求めるもの、ヨットとして使えるもの、他の用途といろんなタイプがでてきそうな予感がします。カートップで気軽に使えるので、ターゲットユーザーも幅広ですしね。

いい刺激になりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボートショー2010速報 3/5 多摩川・逗子お手軽アウトドアライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる