多摩川・逗子お手軽アウトドアライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS アウトリガー完成! 6/30

<<   作成日時 : 2012/07/01 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

●15日目 フネ(アマ)のニス塗りとアーチ部(アカ)のサンディング・ニス塗り  6/30

画像


今日は作業最終日。
梅雨とはいえ、夏の空となりました。
朝7時ごろ浜を散歩。
逗子海岸は昨日6/29に海開きしました。湘南ではいつも一番早く始まります。
その模様はこちら
画像


こんな日こそ海遊びですが、今日中に作業を完了させないと明日の進水式に間に合いません。

まずはもう1セットのアーチ部(アカ)も前回同様面取りです。

フネ(アマ)はデッキ部をニス塗りして完了。(計3回塗り)
サイドも白ペンキでしつこく塗りました。(計5回塗り)
画像


母船「サファリ」に仮組みしてみます。
母船側は台座をベルトで固定します。
なんと、ボルトが短くて使えません。慌てて夕方ホームセンターへ買いにいきました。
画像


私の車は荷物が積めない超コンパクトカー。
なんとシングルパドルすらトランクに収まりません。
さて、どうやって運ぼうか?
アマとアカ、パドルはサイクルアタッチメントを使って固定してみました。
うん。これでなんとか運べそう。自転車よりははるかに軽いですから。
画像


今日の作業は3時間。

作業はこれまで積算で計50時間です。(母船の台座作成もはいっています)

(感想)

このキットのすばらしいところはミリ単位で正確な切り出しすることで、直線だしなどの微調整作業がいらないところです。そして木製のワッシャー等の細かなパーツまで用意されているところ。
それからアーチ部(アカ)も板を重ねる手法に比べるとモノコック形状で軽い、そしてアーチの曲率が高いところでしょう。
かなり丸みがあるのに、フネに固定する部分は水平になっています。アーチから固定部分まで流れるようなデザインにしようとすると、ここまで丸みは持たせられないのではと思います。

予定の36時間は大幅にオーバー。前に作ったシーカヤックの半分程度となりました。
作業工程はそれほど手戻りはなかったものの、ボンドをつけるヘラの工夫などすれば多少短縮できたかもしれませんが、それでも40時間は越えるでしょうか。
5月はじめから作り始めて完成まで丸2ヶ月。15日を費やしました。1日平均3時間程度。
面倒だった作業はアーチ部(アカ)の貼り付けと面取りですね。フネ(アマ)はそれほど苦労してませんがせいぜい隙間のパテ埋めくらいでしょうか。

毎回作業の進捗が感じられ、楽しく作ることができました。

試乗の模様はこちらです。

<参考>

準備品
・綿テープ
・ボンドorエポキシ
・ウレタンニス
・水性塗料
・刷毛 2種
・歯ブラシ、ヘラ(ボンド塗り、隙間パテ埋め用)
・割り箸・紙やすり、耐水ペーパー各種

必要工具等
・のこぎり(クサビ切り落とし、アーチ部板のカット)
・カンナ(アーチ部の角を丸める)
・はさみ(綿テープのカット)
・クランプ 最低12個(接着の固定用)
・ヤスリ
・ナイフ(クサビ造り用)
・作業台(あると便利)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アウトリガー完成! 6/30 多摩川・逗子お手軽アウトドアライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる