多摩川・逗子お手軽アウトドアライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS フネ作り 工法の違いを簡単に比較してみて 7/8

<<   作成日時 : 2012/07/08 21:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

CLC社ステッチアンドグルー工法とアーキテック社のレーザーパズル工法の両方を試してみて簡単に比較して見ました。

作り方はアーキテック社のほうが教わらなくともそれなりにできてしまうところがポイント。ステッチアンドグルー工法はエポキシの使い方やグラスの張り方、直線だしなど、初めての場合若干指導があったたほうがいいです。

表で比較してみました。
下にスクロールしてください。(なぜだか行が詰まりません)↓↓










































































CLC社
ステッチアンドグルー工法


アーキテック社
レーザーパズル工法


パーツの切り出し

・パーツ数は少ない



・パーツが多い分バリ取りが多い

板の長手方面の接合箇所



・少ない



・多い(90センチの組み合わせ)

板同士の突合せ



・針金固定と底部中央の直線だし調整が必要



・各パーツのサイズや穴がかなり正確なため調整不要

・固定方法が楽

(くさび固定と布テープ固定の組み合わせ、端部のみタコ糸固定)

船体の組みあげ



・船の形になるまでそれなりの日数が必要



・1から2日で仮組可能なのでやる気が出やすい

船体内側処理



・接合部のパテ埋め、グラス張り

・エポキシ塗装



・接合部のパテ埋め、布テープ張りのみ(グラス張りなし)

・防水塗装

船体外側処理

・針金除去

・接合部のパテ埋め、サンディング、グラス張り

・エポキシ塗装

・ニス塗装



・くさび切り落とし

・接合部のパテ埋め、サンディング、布テープ張りのみ(グラス張りなし)

・マリン塗料塗装

・ニス塗装(シーラー前処理したほうがよい)

接合部のパテ埋め







・直線処理でない分刻んでの処理が必要

デッキの貼り付け



・エポキシと釘打ちで貼り付け

(ベルト固定、板のエッジ余部の切り出し)



・固定方法が楽(ボンド貼り付けと綿テープ補強)

(くさび固定と布テープ固定の組み合わせ)

船体塗装(サイド)



・ニス2回(グラス処理済みのため)



・ペンキ4回(シーラー前処理推奨)
船体塗装(デッキ)



・エポキシ2回、ニス2回



・ニス3回(シーラー前処理推奨)

重さ



・グラスとエポキシの分重い





強度



・船体内外のグラス張り+船体内側接合部のグラステープ貼りで頑丈!


防水性



まだ作ったばかりで不明


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フネ作り 工法の違いを簡単に比較してみて 7/8 多摩川・逗子お手軽アウトドアライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる