多摩川・逗子お手軽アウトドアライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS パドルセイラー(Padlle Sailer )を試乗 4/29

<<   作成日時 : 2015/05/03 00:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

パドルセイラー(Padlle Sailer )を試してきました。
穏やかな逗子海岸。前に紹介したとおり、セイルはパドルに収まりきってませんので、パドルの上側に布が巻いてあるといった感じです。

パドリングのあと、おもむろにシャフトを伸ばし、セーリングへの変更は結構簡単で30秒くらい。
これって結構早いのでは?

画像


製作シーンはこちら

全体写真は撮れませんが、上から下まで3枚に分けて
「パドルに旗が付いてるのは初めて見た」、と声かけしていただきました。旗ではなく、一応セイルです。
画像

画像

画像



シャフトを短くして、セイルが完全に収まりきらない状態がこちら。
セイルをきちんと巻けばもう少し細くなります。
この状態ではシャフトがかなり長めですが、パドリングができないわけでもないです。
画像





使ってみての感想です。

・今日の風は微風。3メートルも吹けば少しは進みます。
・マストが固定されてなくても使えますが、パドルのブレードを置く位置によってボードへのパワー伝達位置が違ってくるのでブレードを置く位置は意識するといいようです。
・セールを開くのも手動。そのためずっと持ってるのは疲れます。
・ボードにセンターボードがついて無いと下るだけとなるのか?確かにセンターボードがあれば上れなくもないのですが、センターボードがないとボードが風下を向いて下ってしまいます。しかし、ボードの横にブレードを水にさしてセンターボードの代わりにすることはできます。(私のボードはWindSUPなので、センターボード付きですが)
・セールが小さいので、セールを振り回しながらのパドリングもできます。(この動作が旗に見えたのか?)
・セールの出し入れが簡単なので、途中で何度でもパドリング・パドルセール仕様に変更できます。

いろいろ試してみましたが、セールカーブも自由自在につけられるし、マストの置く位置やマストの角度も自由自在であることで、セールとボードの挙動がいろいろ試せるところが、ウインドをやってる人からみても、新鮮かもしれません。

次回、中風で試したいと思います。

製作シーンはこちら







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パドルセイラー(Padlle Sailer )を試乗 4/29 多摩川・逗子お手軽アウトドアライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる