多摩川・逗子お手軽アウトドアライフ

アクセスカウンタ

zoom RSS 海辺の工房で自作ウッドSUPボードを製作中! 前半

<<   作成日時 : 2016/01/23 19:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

次なる製作物は合板SUPボードです。
2013年の葉山芸術祭出展の時、ウッドサーフボードを作られているジェントさんとお会いした縁で製作前にいろいろ相談にのっていただき、自分でも製作できそうだとやる気になりました。
完成目標は来年2月を予定しています。

今回はカヤック製作の時のようにキットを使わないので、型から考えなければなりません。
以前試乗したボードや知り合いのカスタムボードのデザインを参考に設計しました。(といってもジェントさんに指導を受けながら作ってもらったもの)
ボードデザインは初心者用の板より若干短い9フィート。細めで浮力も少なめとしました。
ちなみにカヤック製作は110時間・28日でしたが、SUPはその半分の50時間・15日を目安としてみます。

そして、今回は作業場所がポイント。
我が家のワークスペースでの作業でなく、海辺の工房のスペースを拝借しての作業ができることになりました!
BGMは波の音。作業に疲れたら海を眺めて休憩、そしてまた作業に戻る。まさに憧れていた工房ライフです。

<最新の画像>
画像


1日目 11/8
「テンプレート作製」

テンプレートを印刷し、実物大に張り合わせます。
まずはデッキ部分。A3の紙17枚分です。
「みいな」も不思議そうに見ています。
画像


そしてボード内部の骨組み部も。
こちらは22枚くらい。
画像


カットした後に、横骨を並べてみたところ。
18枚使います。
なんかの虫みたい。
画像


カットした紙全てを並べ、デッキに横骨を置いて大きさのイメージを見てみました。
レール部分がないのでかなり細くなって、やはり小さいなあ。今の板は2人乗れるくらい大きなWindSUPなので。
画像


本日の作業時間: 3時間

----------------------------------------------------------
11/14
「材料買出し」

合板の買出し。
36の合板4枚を無理やりコペンの弱そうな屋根に載せて運んで。
画像


合板にラインを描きます。
画像


----------------------------------------------------------
2日目 11/15
「合板切り出しその1」

3ミリ板なのでカッターで切れます。
画像


工房入り口もいい雰囲気。
画像


工房のあたりには猫もたくさんいます。
画像


午後から晴れ。暖かい日差しを浴びながらの珈琲タイム。
富士山もよく見えます。
画像


本日の作業時間: 3時間
これまでの作業計: 6時間

----------------------------------------------------------
3日目 11/23
「合板切り出しその2」

スパイン(背骨部分)やアウターフレーム(サイド部分)のつなぎあわせ。
長いパーツなので合板2枚をつなぎあわせます。
接続部は板で少し補強。
画像


デッキも長いので、同じように合板2枚つなぎあわせます。
画像


本日の作業時間: 5時間
これまでの作業計: 11時間

----------------------------------------------------------
4日目 11/26
「合板切り出しその3」

まずはデッキ切り出しの続きです。
合板2枚をつなぎあわせます。

リブ(あばら骨)パーツの切り出し。
画像

18枚を切り出しました。

背骨もあばら骨もデッキもすべて3ミリなので、やわいです。
立体に組み立てるまでは大丈夫か不安も少々。

これで合板からの切り出しはそろそろ終わりです。
パーツは全部でサブロクの板3枚ちょっとかな?
売ってるフレームキットってホント楽なんですね。

本日の作業時間:   6時間
これまでの作業計: 17時間

----------------------------------------------------------
5日目 11/30
「グラスコーティング」

今日は富士山もよく見えます。
画像


デッキとボトムのつなぎ合わせが終わったので、次にグラスコーティング(グラスファイバー貼り)です。
なんと、エポキシが無くなり、作業完了間近で終了。
3時間
画像


午後から曇り空。お昼休憩です。
画像


リブ(あばら骨)パーツの切り出しの残り作業とサンディング。
3時間

夕方、あゆむさんが工房に遊びに来てくれました。

本日の作業時間:   6時間
これまでの作業計: 23時間

----------------------------------------------------------
6日目 12/6
「フレームの仮組と防水塗装」

ようやくフレームの仮組です!
地道な作業が続いてましたが、形ができてひと安心です。
フレーム同士の接合箇所もぴったりあうようで、さすが設計ソフト。
画像


ノーズを狭めてみると、パキっとフレームが折れました。
まあなんとかなるでしょう。
画像


残りのデッキグラッシング。 0.5時間
エアバルブ、取手の取り付け部製作。 0.5時間

フレームの防水塗装はニス塗り2回 3時間
画像


本日の作業時間:   7時間
これまでの作業計: 30時間

----------------------------------------------------------
7日目 12/13
「フレームの組み立て・補強」

フレームの組み立て
グルーがんで仮止め。 2時間
フレームの重さは1.7kgです。
画像


フレーム補強用のチップのばり取りと防水塗装。 0.5時間 
画像


フレームにチップを接着。 2時間
フレームの強度アップとデッキ接着面を増やします。
画像


エアバルブ、取手の取り付け部のニス塗り 0.5時間

本日の作業時間:   5時間
これまでの作業計: 35時間

----------------------------------------------------------
8日目 12/19
「フレームとボトムの接着」

今日は富士山もよく見えて最高の青空。海も穏やかです。
画像


これまで作ったウッドパドル。
左から、飾り用のモンステラ型パドル、SUPパドル2本、アウトリガーカヌーパドルです。
画像


パドル型マドラーとミニチェアウッドSUPボード
画像


今日は自作仲間のKさん、Kazeさん、Tさんが遊びに来てくれました。
久しぶりに自作談義ができて楽しかったです。

絶好の夕暮れ。
画像


エアバルブ、取手をデッキ裏に接着
画像


フレーム面をサンディングしてからボトム板と接着。
今回初の試み、ぐるぐるラッピングでフレームとボトム面をゆるく接着。
これ、私のアイデア。「ラッピング工法」と名付けてみましょうか?
ラップが伸びるのでガシガシと巻けませんが、全体的に接着面を押さえられそうです。
フレームとボトムとの接着箇所は隙間だらけになりそうです。
画像


さらに、フレーム(リブとスパインのクロス部)に付けたチップを貼ったところにボトム板から仮釘を打って接着面を確実に固定。
ストリッププランキング工法の応用で、重しや挟むための治具がないので、こんな方法をとりました。
画像


それからレール側には簡易クランプを取り付けて固定。
塩ビ管をカットしたものですが、幅をもう少し広くしないと弱くて効果薄でした。
画像


本日の作業時間:   4時間
これまでの作業計: 39時間

----------------------------------------------------------
9日目 12/23
「フレームとデッキの接着」

デッキの接着ラインにエポキシを塗ります。
エアバルブ、取手部も防水のための目止め処理
画像


前回のフレームとボトムの接着ですが、接着が甘く隙間があったので、グルーガンで仮止めしてエポキシでリベットのように間隔をおいて接着。
画像


フレームにエポキシを塗って、デッキ板を接着。
センターラインのみ仮釘で固定してラッピング。
エッジに簡易クランプも取り付けて。
画像


ようやくボードっぽくなってきました!
下から見上げたところ。
画像


本日の作業時間:   5.5時間
これまでの作業計: 43.5時間

そろそろ前半終了でしょうか?

----------------------------------------------------------
10日目 12/26
「接着箇所のパテ埋め」

今日は自作仲間のKさんの工房を訪問しました。
海がすぐそばなのに、森の中の静かな工房です。
画像


11フィートヨットの製作中です。
6ミリ合板で木目が美しかったです。
じっくりとみさせていただきました。どんな感じにできあがるのか、来年が楽しみです。
画像


デッキが張り終わりました。
ラッピングを巻き取るのに30分、デッキ・ボトム板の余分な部分をカットしてからサイドのレール板を貼る前にサンディング 1時間。

やはり、ラッピング工法はしっかりとした接着にはむかないようで、デッキ・ボトム板とサイドの隙間がたくさんあいていました。
やっぱりクランプがあるといいなあ。
隙間のパテ埋めとともに、デッキの継ぎ目もパテ埋め。 2.5時間
画像


そろそろ目標の50時間は越えますが、フレーム製作の20時間分を差し引くとすると作業は半分を超えたところです。

本日の作業時間:   4時間
これまでの作業計: 47.5時間

----------------------------------------------------------
11日目 12/28
「レール板のカットと貼り付け その1」

今日は自作サーフボードの作り方を教えていただいてるジェントさんが工房へ訪ねてきてくれました。
後半の作業でわからないところをいろいろ教わりました。

レール用の板をカットして、ボードの左右に貼り付けます。
レールは4センチ幅としたので、なんと9層となり、接着が大変!
またまたラッピングでレールをソフトに固定します。
8センチ幅広になったので、さらに巻きにくい。
画像


本日の作業時間:   4時間
これまでの作業計: 51.5時間

作り始めて2ヶ月すぎましたが、今年の作業はこれにて終了です。

----------------------------------------------------------
12日目 1/9
「レール板のカットと貼り付け その2」

今年初の作業です。
前回の続きで、板をカット。 1時間
画像


レールをボードの左右に貼り付けます。 
今回はジェントさんにお借りしたクランプで挟み固定します。 3.5時間
かなり重くなってます。この時点が最大の重さでしょう。
接着剤をあまり使いたくないので、ちょっと節約し、レールをシェイプした後で隙間に注入することにします。
画像


ノーズとテールブロックを製作。適当な長さに切って積層します。 1.5時間
画像


本日の作業時間:   6時間
これまでの作業計: 57.5時間

----------------------------------------------------------
13日目 1/11
「ノーズとテールブロックの取り付け」

ボードのノーズとテール部を少しカットして、前回作ったブロックを貼り付けます。
貼り付けてはみたものの隙間だらけなので、後でパテ埋めします。
テールのレール長さが若干短かったため、予定サイズより多めにカットし、テールブロックを急きょ増やすことに。
画像


取っ手を削ってグラスを張ります。

工房の梁からぶら下げて保管中。
画像


この段階で重さを量ってみました。この瞬間はドキドキモノです。
結果、12.5kg。(ブロックを入れるとプラス1kg)
レールやブロックを削っていくと、果たしてどこまで軽くなるものか?

本日の作業時間:   4.5時間
これまでの作業計: 62時間

----------------------------------------------------------
14日目 1/17
「レールの削りだし その1」

ジェントさんに電気カンナをお借りして、使い方の指導を受けながらレールをざっくりと削ります。
とっても早く削れます。たまに削りすぎるので慎重に。

ノーズとテールブロックもレールにあわせてカットします。

本日の作業時間:   2時間
これまでの作業計: 64時間

----------------------------------------------------------
15日目 1/23
「レールの削りだし その2」

厚めのノーズブロックをカット。
画像


先週の続きでレールを平らになるまで削ります。
カンナとのこやすり、ベルトサンダー等を組み合わせて使用。
削り終えたら、レールに中心線を描きます。
画像


レールを削る作業はかなり体力使います。汗もかきました。
木の粉もたくさん浴びました。
ここまで3.5時間

次にレールを丸く削ります。ここはカンナを使います。
丸みをどう出すか?適当に勘で削っていきます。
画像


今日は片面。2.5時間
画像


本日の作業時間:   6時間
これまでの作業計: 70時間

次回はレールの削りだしの続きとリーシュループ取り付けです。

続きは「その2」をご覧ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
SUPに手を出しましたか。
こちらも、もう少し家が片付いたら作る予定です。
SUPとウェイブスキーのロングバージョンをコラボ出来ないかと考えてます。
クマ
2015/11/14 15:39
性能はともかく、カヤックよりは早くできそうです。
座るのと立つのとのコラボのイメージができないですけど。
そちらも例のキット製作も開始されたんですね。
TOYO
2015/11/14 20:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
海辺の工房で自作ウッドSUPボードを製作中! 前半 多摩川・逗子お手軽アウトドアライフ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる