第7回 Wooden Boat Builders Meeting 5/22

Wooden Boat Builders Meetingに参加しました。長浜では大体毎回参加してます。今回はYさんとともに自作シーカヤックを持っていきました。
過去にはダッキーセーリングキットを持ち込んだこともありましたが、どちらかというと皆さんのフネをみたり、試乗したりといった感じでしょうか。
現地には12時に到着。駐車場はなんと満車です。BBQ組も結構いたのでしょう。とっても混んでました。
なぜか欠席予定だったKAZEさんを発見!ちょうど帰るところだったようで入れ替わりとなってしまいました。。

画像


今回一番見たかったフネはNさん製作のAcorn10' ディンギーです。(どんぐりという意味らしいです)
今月進水式をされたばかり。いくつか撮ってみました。
画像


後ろから
画像


中はこんな感じで美しいですね。リベット打ちをしていてかなり凝ってます。
画像


スターン側。デッキとティラーが違った木材なのでコントラストがいいですね。
画像


ラダーのラインカーブと真鍮のパーツが美しいです。
画像


こちらは本日TさんからMさんへ嫁に行ったそうですよ。
黄色くて海では一番目立ちます。
画像


AD-scull 搭載のDさんのフネ。
櫓とセーリングのハイブリッド仕様です。
画像


イーストポートプラムと同じくらいのサイズのフネです。パネル面積が大きくて木目が目立ちます。
画像


セーリングの感じものんびりスタイルで似てると思います。
画像


そしてこちらは私のフネと同じチェサピークのシーカヤックをトリマランセーリング使用にしたIさんのフネ。
そのうち私も似たようなものを造りたいと思ってます。安定・簡単そして速いフネです。
画像


アクアミューズの原型となる横山セーリングカヌー。
今日は2艇揃っての披露です。どちらもアウトリガー仕様となっています。
画像


1艇は十年以上使っているもの、そしてもう1艇は新艇だそうです。
色合いが違うのがわかるでしょうか?
画像


FRPのアクアミューズと同じフネとは思えませんね。より優雅な感じです。
2艇はセールの形式が違うのでちょっとイメージも変わりますね。
画像


フネ見物の合間にYさんとちょっとパドリング。
画像


水は波打ち際からすでにかなりきれいです。
黒崎の鼻をバックに。
画像


昼を過ぎてから自作メンバーも大分集まってきたので撮影タイムにはいったところ。
Nさんのカナディアンセーリング艇の擬装は間に合ったかな?
画像


風が弱いのでぷかぷか浮いてる感じですが、写真には好都合。集合の後は並んで進みます。
画像


今回天気も良く、撮影にはとってもいい条件のようでした。
雑誌の掲載もきっとあるはず。楽しみです。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

炎の指導士 岩崎
2010年05月24日 14:07
新しい記事が出るたび楽しみにしております。

 特に小型のハンドエレキを付けて航行の
 所は参考にさせていただいております。

淡水用のエレキにグリスを塗りまくって
 故障覚悟で海で使用してみようかと
 思っています。

私は大きな体をしておりますが何故か小型の物に
 惹かれます。今後も見に来ますのでよろしく
 お願いいたします。

(炎の指導士)http://www.geocities.jp/nikorasuterinishikujp/
TOYO
2010年05月24日 21:21
炎の指導士さんはじめまして!いろいろな記録をお持ちなようですごいですね。筋肉の写真とビニールボートのミスマッチが面白いです。ちなみに私も西区出身です。

エレキの海での情報ってまだ少ないですよね。
海では風、波、潮流などの海況によっては全く使えないかもしれませんが、短時間であれば楽しめそうです。新たな組み合わせ構想もありますし、たまに海でテストすることもあろうかと思いますのでよろしくお願いします。

この記事へのトラックバック