自作アウトリガーセーリングカヤック 初試乗!! 6/15

梅雨の晴れ間です。今日はYさんと葉山へカヤックに。波も風も穏やか。
アウトリガーカヤックの試乗とともに、セーリングキットも初めて試してみます。

画像


まずは長者が崎に向かい、早速帰りにはYさんにアウトリガーを試し乗りしてもらいました。
今回座面をあげるための風呂の椅子を忘れてきたので、なかなかベストポジションはとれなかったかと思います。
画像


前傾姿勢をとるといかにも速そう!
画像


ここで、自作セーリング仲間のあゆむさん登場。
この後のセーリング進水式に立ち会ってもらえてちょうど良かったです。

アウトリガーカヤックを乗った後は、セーリングキットを取り付けます。
風は微風で初試乗にはもってこいの条件です。
擬装は10分くらいか。最初のアウトリガー取付を入れると20分はかかっているでしょうか。
セールはOP用です。
画像


カヤックを漕ぐ姿勢のまま前向きで操作します。
操作自体は以前遊んでいた自作のダッキーセーリングキットで慣れてますので、特に抵抗はありません。
全体バランスをみながら操作を試します。
最初風が無くて進みませんでしたが、風が吹けば進んでくれます。
しばらくしてトラブル。ラダーのビスが抜け、操作不能に。ビスが短すぎたようです。
その後はパドルラダーでなんとかしのぎました。
パドルラダーは進行方向の微調整にはいいですが、ターンに使えるほどの効き目はありません。

長者の岩場をすり抜けて。
画像


終わる頃には夏空になってきました。
とても爽快な気分。
画像


手前はYさんの自作艇。チェサピーク16。私のLT16より1センチ厚みがあります。
今日乗ってみて気がついたのですが、安定感がちょっと違います。
底の形状の違いからか、私のフネの方が若干傾きにくく幅広な感じがしました。
画像


初試乗はトラブルはありましたが、概ね予想通りの動き。
自作の道具で風を切って進むこと、このうえなく面白いです。作ってみたことがある人しかわからないでしょうが。

このセーリング仕様はトリマラン(両側フロート)でないので、アウトリガーが無い方に傾くと沈して進むどころではないのでは?片側フロートだけでセーリングができるのか?と、皆さん注目されているはず。
確かにフロート(アマ)はゆっくり浮き上がることもあります。風が強いとどうなることやら。でも風が弱ければ全く問題なしです。
直進バランスですが、風上へののぼり癖が強いため、ラダーが効かなければ風上に向いて止まってしまいます。ラダーがなくともある程度アビームで走れるよう調整が必要ですね。
それから、セーリング中はラダーの置き場所に困りました。

2時間ほど遊んで終了。
Yさん、送迎ありがとうございました。
----------------------------------------------------------------------------

夕方の逗子海岸。風が涼しくて気持ちいいです。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック