今年も春のボートショーへ 3/6

午後から横浜のボートショーへ。以前は池袋のカヌーショーを見にいってましたが、カヌーショーがボートショートに吸収されてからボートショーを見にいくようになりました。

年々盛り下がってる感のあるボートショーですが、景気も少しはよくなったことだし期待していたのですが、今年はどうでしょう?

まずは師匠金井さんのボートです。
今回は水中翼仕様でなく、カタマラン仕様の改造バージョンで登場。
エンジンマウント位置やアウトリガーのアマの形状が変更されています。
最近葉山から城ヶ島まで往復42キロを走ったビデオが流れてました。ガソリンは1回補給したそうです。
2馬力エンジンとしてはかなりハイスピード。
画像


今回個人的に一番の注目はこれ。
「エトピリカ」という北海道のバス改装の会社が作ったFRPのセーリングカヌーです。
FRPは得意とのことで、作りには自信がありそうです。
まさか日本製のセーリングカヌーがでてくるとは思ってませんでした。
セーリングカヤックの老舗?のホビー「アドベンチャー」のライバルとなるかもしれません。
自分の自作アウトリガーセーリングカヤックともつい比べてしまいます。
画像


セールも2枚使えます。メインセールはどちらかというとジブセールを取り扱う感じです。
シートで引き上げが出来るセンターボードもあります。
画像


アウトリガーはパドリングを考えてか、バウ(前側)よりに固定。
実際海・湖でも走行テストをしていて、秋には発売予定だそうです。
細かなパーツがきちんとしたもので、よく出来た印象です。
アマ(フロート)も船っぽいデザインです。
アカ(ヤク)も風の抵抗が少なそう。
画像


去年も気になったインフレータブルカタマランヨット「ミニキャット」です。
2種類のサイズをじっくりみさせていただきました。
車の中に全て入れられるコンパクト収納ヨットはいろいろな場所に持ち出せるので可能性が広がりますね。
画像

画像


最近のボートショーでは見かけなかった「アクアミューズ」。
秋やんさんが出展していました。肝心の秋やんさんは他のブース見学中のようです。
画像


ミニヨット系は「デイセイラー」くらいしか展示されておらず寂しい限りでしたが、ミニクルーザーっぽいのでいい感じのがありました。
「クイックシルバー」
画像

画像

コンパクトでお値段も安め。スマートなデザインでリッチな気分にさせてくれ、いい雰囲気です。
画像


ボートオブザイヤー2013に選ばれた「サンキャット」です。
画像


船外機をいくつか。
ホンダとスズキの船外機の元祖。
画像

画像

そして、エレキ船外機「トルキード」の一番小型版が登場。これで0.5馬力相当です。
これのひとつ上のサイズが1馬力相当ということで、ミニボートにはぴったりでしょう。
画像


パワーボート系。どんな走りか映像でもあればいいのですが。
画像


こちらはお遊び系。
ウエイクボードというよりスキーボード?ともいえる前向きで乗るタイプ。
画像


アウトドア用品でもそうですが、マリン系でも「インフレータブルもの」はまだまだいろんな用途に発展する可能性があって楽しそうです。
画像

画像


こちらは模型。
去年も同じ写真を撮ってます。
画像

画像

画像


今回載せてませんが、船の絵なんかはよかったです。

他にもいろいろありましたが、展示スペースは縮小気味。
チャレンジングなものや変なものは少なくなってますね。
逗子の海だとあまり感じないのですが、毎年ボートショーに来るとマリン業界の将来を案じてしまいます。
来年も楽しいショーになることを期待して。

過去のボートショーの紹介も載せときますよ。

去年のボートショー紹介はこちら
2012年のボートショー紹介はこちら
そして2011年はこちら
さらに2010年はこちら





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

あゆむ
2014年03月09日 18:45
エトピリカは気になりますね。
便利な市販品が増えるのは個人的にはおもしろくないのですが・・・。
出ていませんがオープンBICはだいぶ値上がりしてしまったようですね。
TOYO
2014年03月09日 22:30
どちらにせよセーリングカヤックは製品として買うには高すぎです。日本では需要がないからなおさらでしょうか。
オープンBICは値上がり残念ですね。私もインフレータブルカヌーの買い替え予定ですが、値上がりしてしまい残念です。

この記事へのトラックバック